コマンドを作成


『コマンドを作成』画面では、 コマンド を作成できます。

番号 名称 概要
名前   コマンド の名称を入力します。
コマンド 実行する コマンド を入力します。
パラメータ コマンド実行時のパラメータを設定できます。
OS実行ユーザ コマンド実行時の ユーザ を設定できます。
チェックボックスをチェックすることで設定が有効になります。
ワークパス コマンド実行時のワークパスを設定できます。
チェックボックスをチェックすることで設定が有効になります。
標準入力ファイル   コマンド の標準入力に使用するファイルを設定できます。
チェックボックスをチェックすることで設定が有効になります。
標準出力ファイル   コマンド の標準出力結果を出力するファイルを設定できます。
チェックボックスをチェックすることで設定が有効になります。
標準エラー出力ファイル   コマンド の標準エラー出力結果を出力するファイルを設定できます。
チェックボックスをチェックすることで設定が有効になります。
タイムアウト   コマンドタイムアウト し、 強制終了 する時間を設定できます。 (単位=分)
正常終了範囲   コマンド の終了コードのうち、 正常終了 とする範囲の始点と終点を設定できます。
デフォルトの値はいずれも 0 となります。
警告終了範囲   コマンド の終了コードのうち、 正常終了 とする範囲の始点を設定できます。
未設定のときは、『正常終了範囲』の範囲外のとき警告となります。
[継承]ボタン ”継承”、”非継承”を切り替えることができます。
”継承”のとき、上位 コマンドグループ権限 の設定を継承します。
”非継承”のとき、個別に 権限 を設定できます。
[追加]ボタン 『アカウント』画面を開きます。ここで選択したアカウントを権限一覧に追加できます。
[継承]ボタンが”非継承”のときのみ追加できます。
[削除]ボタン 権限一覧でチェックしたアカウントを、権限一覧から削除します。
[継承]ボタンが”非継承”のときのみ削除できます。
権限一覧 作成する コマンド のアカウント別の 権限 を設定できます。
対象セルをクリックすることで 権限 の有効/無効を切り替えることができます。
”≡”のとき 権限 は未設定(無効)です。
”○”のとき 権限 は有効です。
”×”のとき 権限 は無効です。
この権限設定は[継承]ボタンが”非継承”のときのみ有効です。
[保存]ボタン 入力した内容で コマンド を作成します。
[戻る]ボタン 一つ前の画面に戻ります 。

1. アカウント

『コマンドを作成』画面から[追加]ボタンをクリックすると、本画面が表示されます。 割り当て可能なアカウントを選択し、作成対象の コマンド にアカウントを追加します。なお、対象となるアカウントは同一テナント内の『 ユーザ 』『 ロール 』となります。

番号 名称 概要
アカウント一覧 割り当て可能なアカウントID、表示名の一覧を表示します。
[OK]ボタン 一覧で選択されたアカウントを 権限 に割り当てます。
割り当てが完了すると『コマンドを作成』画面に戻ります。
[キャンセル]ボタン 一覧で選択されたアカウントを 権限 に割り当てず『コマンドを作成』画面に戻ります。

results matching ""

    No results matching ""